車種によって異なるトラックドライバーの仕事

小型トラックは女性も活躍中

地場輸送を中心とした小型トラックは、近頃は女性のトラックドライバーもたくさん活躍しています。トラックの中でも小型なので、小回りがきくとあって様々な場所に荷物を運ぶのが主な仕事です。このタイプの仕事は求人も多く、女性も積極的に採用しています。地元を中心に荷物を運ぶことから、地元企業の人と接する機会も多く、顔なじみにもなりやすいです。仕事に対する評価に直結しやすいので、やりがいを持って働くことができます。

積み下ろしなど臨機応変さが求められる中型トラック

中型トラックは一般的に4トントラックが主流であり、トラックのスケールも小型トラックに比べるとかなり大きくなります。このタイプのトラックドライバーは、企業との専属契約が多く、決められた荷物を決められた場所へ運ぶ仕事が基本です。また、荷物を下ろす場所ではフォークリフトをドライバー自ら操作する機会が多く、仕事の負担は多くなります。しかしながら、特定の企業との専属契約なので、仕事は安定している点が魅力です。

大型トラックは花形の仕事

トラックドライバーの花形といえば、やはり大型トラックです。大型トラックのドライバーの仕事は、長距離輸送が主な仕事となります。車の種類が多く、運転するためには特殊な免許を取得することが求められますが、その免許を活かして高収入を狙うことができます。たしかに、大型トラックのドライバーの場合、拘束時間が長いものの、近頃は人手不足のためにかなりホワイトな職場になっているようです。女性もどんどん参入し、広く活躍しています。

トラックドライバーの求人は車の積載量で違っており、小型トラックは普通免許で可能ですが、準中型・中型・大型のトラックの場合はそれぞれの免許が必要になります。