マンスリーマンションで始める一人暮らし!三つのメリットとは何?

到着した日から生活を始められる

マンスリーマンションで一人暮らしを始めるメリットは、特に家具や家電を用意したりする必要もなく、到着したその日から普通に生活を始められることです。転居手続きなどは必要になりますが、電気や水道、ガスなども最初から通っていて、インターネットも使えるようになっています。洗濯機や冷蔵庫などの最低限の家電が揃っていて、クローゼットなどの家具もあるので何も買わなくても生活できるのが魅力です。

退去するときに家財処分が不要

マンスリーマンションは退去のときにもメリットがあります。家具や家電は備え付けのものなので引越しのときに処分することも持って行くことも必要がありません。大型の家財の処分は不用品回収に来てもらったり、粗大ゴミの日に合わせて出さなければならなかったりして大変になりがちです。しかし、マンスリーマンションでは備品なので退去するその日までずっと使い続けることができ、そのまま置いて行ってしまって問題がありません。

仮の住まいとしても使える

一人暮らしを始めるときにはマンスリーマンションを仮の住まいとして使うこともできます。慣れない土地での生活がどのようになるかがわからないことはよくあります。まずは一ヶ月くらい住んでみて、落ち着いた頃に物件を探して長く住む家を借りようという人もいるでしょう。その際にマンスリーマンションは手頃です。賃貸物件のように長く借りる必要はなく、ホテルのように非常に高いわけでもないので数週間くらいの様子見には最適な住まいになるのです。

マンスリーマンションでは、家賃を一括払いする場合と翌月分の家賃を1ヶ月ごとに払う場合があるため、賃貸契約を結ぶ前には確認しておくことが大切です。