高収入が狙える?専属運転手ってどんな仕事?

専属運転手の仕事内容

専属運転手とは、特定の企業・組織の社長や役員クラスの専属として運転をする仕事のことです。会社の重要ポジションにいるお客様を送迎するので、時間に遅れず送迎することが重要です。ただ運転すればいい訳ではなく、運転前には十分な準備が必要となります。専属運転手は、お客様の希望をヒアリングしながら、運行スケジュールプランを決めます。渋滞でスケジュールに遅れることがないように、どのルートで運行するか事前にプランを組み立てます。渋滞や事故などに遭遇することを想定し、複数のプランを考えます。また、高い運転スキルの他に、ホスピタリティがあり秘密保持もできる人物が求められます。通常の運転手より高いスキルが必要なので、タクシー運転手より高収入が期待できるでしょう。

勤務時間はどうなる?

専属運転手は、担当するクライアントの勤務時間に合わせて勤務します。基本的には、一般企業と同じように平日の昼間に働くことが多いです。シフト制勤務のタクシー運転手とは違い、土日休みになる可能性が高いでしょう。勤務時間は1日中運転する訳ではありません。必要な時に応じて、運転業務が発生します。日によっては、朝の出社と夜の帰宅時の送迎しか運転をしないという可能性もあります。しかし待機時間が長いからといって、休憩時間が長くなることはありません。お客様に快適な車内で過ごしてもらうため、車内清掃などのメンテナンスも欠かせません。また待機中は、お客様のスケジュールや道路状況を逐一確認する作業もあります。

高い給与が期待できるのが、運転手の派遣の仕事です。必要な免許は、ものや人を運ぶための第二種運転免許となります。