外資系企業へ転職をするメリット・デメリットは?

外資系企業転職のメリット

外資系企業転職のメリットは、基本的に給与面で恵まれていることです。利益を上げようとして他国に進出している訳なので、企業としての勢いがあります。資金面で苦しむ会社は給与やボーナスがどうしても少なくなるので、外資系企業に勤めることで金銭的な余裕が生まれるかもしれません。もちろん給与面が魅力的な分、採用への道は決して容易ではありません。また、残業が少なかったり休日が多いなどプライベートの時間を確保できます。日本の会社であれば残業が当たり前だったり、休日出勤などもあります。しかし外資系企業はオンとオフの切り替えがはっきりしていますし、仕事の為に休日を潰すことはほとんどありません。もちろん時には例外もありますが、働き方に関する考えは随分と違います。

外資系企業転職のデメリット

外資系企業転職のデメリットは、結果を残せなかった時に立場が危うくなることです。日本の企業でも結果を残せなければ解雇されますが、簡単に解雇されることはありません。失敗を糧にして次に生かすという考えが根強く、何度かチャンスが与えられるからです。しかし外資系企業は、結果を残せないのであれば他の人材に任せるという考えが根強いです。もちろん一回の失敗で即座に解雇という極端な結末は考えにくいですが、一回のチャンスを大切にする必要があります。そして、予期せぬ転勤も考えられます。転勤を苦にしないのであれば問題ありませんが、地元で落ち着いて仕事をしたい場合はストレスになります。

外資系求人を探す際は、求人サイトだけでなく働きたい企業のサイトにアクセスして募集があるか調べることも大切です。