ドライバー不足は深刻!求人は引く手あまた

ドライバー不足の原因と状況

日本のドライバー不足は危機的な状況です。大きな原因は少子高齢化で、労働人口が減少しているからです。加えて社会が多様性を求めて仕事の細分化も起こり、給料が良い職種へと人の流動化も起こっています。ドライバーが必要な業界には、商品などを運ぶ物流業界や、資材などを運ぶ建築業界、人を運ぶ運輸業界などがあります。物流や建築業界には、トラックや倉庫作業で使用するフォークリフトなどのドライバーがいます。また運輸業界には、電車とバスやタクシーなどのドライバーが必要です。

全体的にドライバーが不足していますが、中でもネット通販が一般的になったことで商品の物流量が増え、配達作業を行うトラックドライバーの労働環境が苛酷になっています。また、長距離バスのドライバーの労働環境も悪化しています。ドライバー不足に加えて観光需要が増し、ただでさえ不足しているドライバーの勤務スケジュールが過密になっているからです。労働人口の減少や労働者の高齢化も進んだ今、ドライバーのなり手も少なくなり、各業界も労働環境の改善に取り組んでいる所です。

ドライバーの就職先の有利な見つけ方とは?

ドライバーのなり手が少ないため求人は多く見つかります。ドライバーを希望して好条件の就職先が見つかれば、給料面でも大変有利です。就職先を見つけるにはインターネットの転職情報サイトを利用すれば、好条件で働ける就職先を探すことができます。エージェントを活用して相手先と交渉すれば、更によい条件を引き出すことも可能です。ドライバーは売り手市場で、ドライバー自身の経験や実績だけでなく、未経験であっても就職してから大事にしてくれるでしょう。

仕事としてドライバーの求人を探して、何らかのドライバーの仕事をしたいと思っているなら、ドライバー専門の求人サイトがあります。